2009年06月11日

ubuntu9.04 on Eee PC 900HAでVPN(PPTP)を利用する

前回に引き続き

大学内でインターネットをするにはPPTPによるVPN接続が必要なのでVPN接続の環境設定します。


PPTPやらVPNで検索すると難しい用語が飛び交ってばかりなのでいつも通りできるだけ砕けた感じに書いていこうかと思います。



まずVPNとはなんぞや、と。誤解を招くであろうくらいに大雑把に説明します


バーチャル・プライベート・ネットワークの略です。




「インターネット」を使えば世界中と繋がっているのさっ!っていうのは厳密には嘘です。


なぜならバーチャル・プライベート・ネットワークが存在するからです。



仮に日本政府が「海外に存在するパソコンから日本にあるパソコンへのアクセスできないようにしようぜ!」とか言い出したら、Yahoo!Japanとか日本語版googleとか海外からは当然見れなくなりますよね。でも日本国内からは見れるわけです。



それは日本という規模でのバーチャル・プライベート・ネットワークなわけです。



細かく言うと、海外からは日本国内が見れるけど日本国内から海外はネットサーフィン(死語)無理とか逆に設定することも可能ですし、どちらからでもネットは見れるけどFTPを使ったアップロードやダウンロードは海外から国内は無理にしよう、とか細かく設定して好みのプライベートネットワークを作ることができるわけです。


現実的には会社内とかでバーチャル・プライベート・ネットワークを作ってるわけです。秘密のデータとか盗まれたり勝手に侵入されたりしたら大変ですからそうするわけです。


で、今回自分は自分の大学のバーチャル・プライベート・ネットワークに入れるようにするわけです。


具体的には、大学でもらったIDとそのパスワードを使って「自分は大学に所属する人間です」と証明して大学のVPNに入ります。




まずVPN接続ができるようにインストールするべきもの(network-manager-vpnc)をインストールする

$sudo apt-get install network-manager-pptp


これでオッケーです。

[システム]→[設定]→[ネットワーク接続]

と進み、VPNのタブを選択したらこんな画面が出てくるかと思います。

Screenshot-1.png


上のインストール作業を行わないと、[追加]と[インポート]が表示されないんです。そのくらいインストールしなくても使えるようにしといてほしいなぁ。

今回は[追加]をしたいので上のインストールをやりました。


あとは手持ちのデータを入力して終了です。簡単!



ゲートウェイにはIPアドレスを。ばーちゃる・ぷらいべーと・ねっとわーくの玄関です。

ユーザー名とパスワードはいわずもがな。自分はここの入力で大学関係の人間だと証明してるわけです。


他にもごちゃごちゃしてますね。侵入したいVPNによっては必要かもしれませんが、自分の大学はこの三つを入力して成功しました。単純!



で、VPNに入るとどうなるかというと・・・



自分の大学はまず大学内のVPNから外の世界へとアクセスできなくなりました。

google開けねぇyahoo開けねぇでも大学のホームページは見れる!不思議!

うちの大学はそんなVPNでした。もっと他にもいろいろと複雑な設定があるんだろうけど。




あとはVPNへ入ることだけはさせてくれるひねくれた無線LANが学内を飛んでいるのでその電波をキャッチして大学内のVPNに入って、その大学のVPNの中から外の世界へとアクセスすればいいわけです('A`)メンドクセ


ただ今のままだとVPNに入れたところで外の世界へとアクセスできないVPNなのでproxy刺して外の世界へ接続しました。



おしまい。



 





この記事へのコメント

name:

mail:

HP:

comment:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。