2010年01月16日

sleep cycle

sleep cycleというアプリを試してみた。


どういったアプリかというとiphoneをベベットに置いとくことで振動を感知して浅い眠りと深い眠りを測ってくれるんです


寝相がいい時は深い眠りかな?


で、寝返りうったり動くと浅い眠りとして感知されてるのかな??よくわからない


じゃあ寝相が半端なくいい人はどうなるんだろう。ずっと深い眠りとかになったりしないかな


まぁいいや。
















使い方のページです。


iphoneを裏返すのは明暗を感知するセンサーを遮断することでパネル照明をOFFにさせてバッテリーの負荷を減らすためっぽい


アプリ起動したまま寝ないといけないのでその辺の気遣いでしょう

















スタートを押してから振動を感知すると音が鳴ります。



ベットの具合を試すためですねー。ベットの上で動いてみてちゃんと動きを感知してくれるかテストします


低反発みたいな柔らかさを持つベットだと振動が対して伝わりません。


布団も比較的感知してくれないような気がします


バネが入ってるようなマットが一番よく感知してくれます


ホテルのベットみたいなアレです


ベットにダイビングするとぼよーんと跳ねる感じのやつ















アラームです。


例えば朝の七時に設定するとその時間の前の目覚めがよいところにアラームが鳴るようになってるっぽい














上の画像のスタートを押すとこんな感じ


結局画面を伏せるので意味ないんですけどね















こんな感じでした。寝るの遅っ


起きるの遅っ



しかし自分の睡眠をデータとしてみる機会なんて無いので面白いです


本当に目覚めのよいところで起こしてくれているのかはまだ一度しか使ったこと無いのでわかりません


寝るのがちょっぴり楽しくなりますね。

○sleep cycle alarm clock
http://itunes.apple.com/jp/app/sleep-cycle-alarm-clock/id320606217?mt=8


-- from Blogpress









この記事へのコメント

name:

mail:

HP:

comment:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。