2011年05月01日

柴又行ってきた


柴又へ貧乏旅行してきた


RIMG0161
柴又駅に到着!柴又といえばこち亀と寅さん。



RIMG0162
寅さんと写真を撮る人々。観光の人がいっぱい。



今回自分が柴又を目指した理由は、 飴の松屋総本店のとんとこ飴切りを生で見たかったから。




↑とんとこ飴切りとはこれ



目的地目指して歩を進める





RIMG0166
甘味処や漬物屋さんや魅力的なお店が並んでます



RIMG0169
歩を進めたら柴又帝釈天が!結構でかい




あれ?飴の松屋あったっけ?



RIMG0167
戻ってみたらありました松屋さん


でも静かだ...そりゃ四六時中飴切ってるわけじゃないからしょうがないか...




とりあえずお昼ご飯食べに事前に下調べしておいたそば屋さんへ



さっきの帝釈天を左の方へ抜けた通りにある日曜庵[リンク先食べログ]さん



RIMG0170
抜けた通りをまっすぐ行って..



RIMG0171
小路に入ったところにあった日曜庵




自分は「なごり雪」というざる豆腐とせいろを頂いた



RIMG0173
なごり雪は一日限定12食らしい



しばらく待っているとまず運ばれてきたなごり雪



RIMG0176
お醤油と荏胡麻油と塩がついてくる。豆腐にさじではなくお箸がついてきた


食べるときはお醤油と荏胡麻油を混ぜたものか、塩で



RIMG0177
分かってはいたがこれはおいしい


次に運ばれてきたのがせいろ



RIMG0178
上品


RIMG0179
opened.少し写真がブレてしまった



そりゃもうおいしい。あまり上手な味の表現は苦手



細い蕎麦だけど蕎麦自身の味もこしもしっかりしてた




RIMG0174
そういえばドリンクメニューにキリンのハートランドがあった。飲みたくなった



RIMG0181
食べ終わるちょっと前くらいにそば湯が登場!見た感じすごいドロっとしてる



飲んでみてびっくり。やはりすごいドロっとしてた。そしてこのそば湯がすごいおいしい。



本当に「蕎麦を飲んでる」って感じがする。つゆのおかわりが欲しい笑



ご馳走さまでした



さて、帝釈天へ戻る


RIMG0183
本来の柴又の主役の帝釈天



RIMG0182
結構大きいのかな。でも中には入らなかった



うろうろしている人だかりを発見。覗いてみると...



RIMG0184
おさるさん!!



芸をしてたみたいだけど俺が着いた途端に最後の芸だったらしい。残念だ。


でもその一芸も台から台へのスーパージャンプですごかったので300円投げた



さて、飴屋さんはどうなってるのかなと戻ってみると...




RIMG0168
やはりやっていない



うーん。諦めて帰ろう。



せっかくなので飴を一袋買って帰ることに




その帰路で見つけた高木屋本舗に寄る




RIMG0185
高木屋さんのお店の中。みんなおいしそうなもの食べてる



しばらく待ってると自分が頼んだ草団子とラムネが到着



RIMG0186
おいしそう!草団子は5つで300円なり



RIMG0187
餡子がいっぱいで甘くて歩き疲れた体が回復



RIMG0189
ビー玉とるのに夢中になった時もあった



海の漁場が家から近くて、朝に競り場に行くとラムネが売ってたな〜


自分が小さいころ飲んでたラムネはここで飲んだような完全ガラスの瓶じゃなくて、瓶のてっぺんの方だけはプラスチックでビー玉が取れるようになってた



ご馳走さまです




そして帰路へ




RIMG0190
こんな昔ながらの電車ですが、電車の側面には柴又の描写があるこち亀のワンシーンがプリントされてる



これに乗れば一瞬で東京っぽい景色が広がってしまうからビックリだ




飴の松屋のとんとこ切りは見れなかったけど楽しむことができた



次はどこへ行こうかな





この記事へのコメント

name:

mail:

HP:

comment:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。