2014年10月12日

Firefly(vSRX) + windows7 + qemu + gns3(ver.0.8.6)

Juniper製品を扱う際に、最も多く登場するのはSSGシリーズであることは明確で
SSGシリーズのEOSLがアナウンスされている今、次世代のSRXシリーズを学習しておくのは
絶対に有益であると信じている。
CiscoのISRでセキュリティ実装はある程度できるものの、やはりセキュリティ出身の
製品シリーズを一つ弄ることができるようにしておくべきかなと思う。

GNS3 (ver.0.8.6)でvSRXのFireflyを動かすことができたので、その方法を書いておきます。
英語のドキュメントを漁ったり、いろいろな英語フォーラムを見たんですがwindows7での方法が見つからなく、おそらくまだどこにもないので残します。
英語で残すことができればいいんですが、I dont have enough English skill to write it downですよ。

ゴール

GNS3(ver0.8.x)でFireflyを動かす。
インストールに始まり、実利用まで。

必要なもの (使用したソフトウェア・環境)

・Windows7 (32bit)
GNS3 (version 0.8.6)
qemu (version 2.1.0)
qemu (version 0.13.0) distributed by GNS3.net
7zip
・FireFly (.ova形式) ←DIY (Download It Yourself)で

インストール


Windows7 32bit


省略。

GNS3 (version 0.8.6)


省略。

qemu (version 2.1.0)


インストーラに従ってインストールをしてください。

qemu (version 0.13.0) distributed by GNS3.net


こっちはインストーラはないです。
こちらより最新のwindows用Qemu binaryファイルをダウンロードして下さい。
私は「Qemu version 0.13.0 for Windows」をダウンロードしました。

ダウンロードし、解凍したらGNS3をインストールしたProgram Filesのディレクトリ直下にフォルダごとダウンロードしたQemuをつっこみます。

qemu1
Fig.フォルダ名をQemu_patchedと適当につけて保存


7zip


省略。

FireFly (.ova形式)


評価版がここにあります。
今回利用するのはOVA形式なので、FormatがOVAであるものをダウンロードして下さい。

OVAファイルからimgファイルを作成


@7zipを利用して、OVAファイルからvmdkファイルを抽出。
Aqemu(version 2.1.0)を利用して、抽出したvmdkファイルをimgファイルへ変換する。

vmdkファイルの抽出


7zipが既にインストールされている前提ですが、
ダウンロードしたOVAファイルを右クリックし、7zipのメニューからextract filesによってvmdkファイルを抽出してください。
他にもいくつかファイルが抽出できますが、今回は使いません。

imgファイルへの変換


qemu(version 2.1.0)を利用しました。
現時点で、3つのQemuがあるかと思います。
※GNS3のall-in-oneに入っていたQemu、GNS3で配布されているQemu (version 0.13.0)、ここで利用するQemu(version 2.1.0)の3つ

imgファイルの変換に関して、GNS3のQemuでもできなくはないですが最後のマウント時にエラーを吐いてしまいました。
imgファイル変換をするためだけにQemu(version 2.1.0)を利用します。

コマンドプロンプトより、以下を実行。

フォルダ状況を以下とする:
■Qemu(version 2.1.0)の場所
C:\Program Files\qemu\
■抽出したvmdkのファイルの場所
C:\Users\matsuki\Image\junos-vsrx-domestic-disk1.vmdk


C:\Users\matsuki>cd ../../

C:\>cd "Program Files"\qemu

C:\Program Files\qemu>qemu-img.exe convert C:\Users\matsuki\Image\junos-vsrx-domestic-disk1.vmdk C:\Users\matsuki\Image\junos-vsrx-domestic-disk1.img


imgファイルが作成されたことを確認して下さい。

GNS3の設定


Qemuの設定を以下のようにする。

qemu2
Fig.利用するQemuはGNS3から配布されていたversion 0.13.0を指定。

qemu3
Fig.ゲストの設定

利用方法


準備万端。
あとは利用の仕方です。

以下、注意点です。

起動とgigabitethernetインタフェースの認識


起動はかなり時間がかかります。
gigabitEthernetの認識は最初は行われませんでした。
起動して、入力が可能になってから1分ほど待つとsyslogメッセージが大量に流れだします。
その後にCLIモードでshow interface terseを打つと以下のように認識されていることが確認できます。

qemu4

上記コンソール表示のGNS3でのトポロジー状況は以下。

qemu5

コンソール表示では全てlink-upしてます。。
GNS3上とコンソール上でのマッピングは以下の通り。

ge-0/0/0 → em0
ge-0/0/1 → em1
ge-0/0/2 → em2
ge-0/0/3 → em3
ge-0/0/4 → em4
ge-0/0/5 → em5

保存


commitすればOKです。
GNS3を一度閉じてもう一度開き直しても問題なく設定が残っていました。

syslogの嵐を止める


syslogメッセージが止まらない場合があります。
そんな時は以下。

# deactivate system syslog user *


余談

かなり時間かかった。。
文字に起こしてみれば割とシンプルでした。






この記事へのコメント

name:

mail:

HP:

comment:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406983966

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。