2008年02月12日

schemeで線を描いてみる

大学の課題で出た図形言語・・・手探り状態ですが
schemeを使って図形を作ります。


読み込まないといけないものを読み込みます。

(load'/usr/local/lib/tustk/demos/picl)
(load'?usr/local/lib/tustk/demos/picl-test)



図形を描くキャンバスを作成

(make-canvas frm1) //frm1のキャンバスを作成


ちっちゃかったraw_tustk窓が↓になりました

2008y02m12d_014504141.jpg


試しに線を

(define simple-vector
  (segments->painter //線描きます
    (list
      (make-segment (make-vect 1.00 1.00) (make-vect 0.00 0.00)))))


作ったキャンバスに描きます

(simple-vector frm1) //キャンバスfrm1にsimple-vectorを描く


2008y02m12d_020230731.jpg
こんな感じ


これから2次元座標は(0.00)(0.00)が左下 (1.00)(1.00)が右下に描写だとわかりました

 





この記事へのコメント

name:

mail:

HP:

comment:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83629611

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。